水災とは

台風や暴風雨、豪雨等が原因で発生する洪水・高潮・土砂崩れなどによる災害のことをいいます。

火災保険の水災補償とは

火災保険の水災補償は、台風や暴風雨、豪雨などによる洪水や融雪洪水、高潮、土砂崩れ、落石など、水に起因する災害で建物や家財が被害を受けた場合に補償が受けられます。
(例)

  • 豪雨の影響で河川が氾濫し自宅が床上浸水した。
  • 集中豪雨で近くの山が土砂崩れを起こし自宅が押し流されてしまった。

ご自宅の水災リスクを考えてみましょう!

以下のような心配事はありませんか?

  • 河川の近くなど洪水が起きやすい地域に立地している
  • 周辺に崖などがあり土砂崩れの恐れがある
  • 居住地域の豪雨やゲリラ豪雨による浸水リスク
  • 普段利用する道路で大雨時に冠水しやすい場所があるか

ご自宅の水災リスクを知りたい場合は、ハザードマップ (出典:ハザードマップポータルサイト)を是非一度ご確認ください。

水災で自動車が水没した場合

洪水での冠水などが原因で所有する車が水没してしまった場合はどうなるでしょうか。
「家財保険に加入していたら補償されるのでは?」と思う方もいるのではないでしょうか。しかし、残念ながら家財保険では自動車は補償の対象外です。

では、車の水害を補償するにはどうしたらよいでしょうか。
正解は自動車保険に車両保険を付帯することです。
車両保険を付帯していれば、一般タイプでもエコノミー(限定)タイプでも補償の対象となります。

現在車両保険を付帯されていない方、自動車保険の見直しをご検討されている方は是非弊社の自動車保険一括比較見積もり をお試しください。