ま行

明記物件

家財(動産)を保険の目的とする場合、1個1組の価額が規定の金額を超える貴金属、宝石、書画、骨董(トウ)、彫刻品その他の美術品などは明記物件といい、契約時に保険契約申込書に明記しないと保険の目的に含まれない。